二ノ宮知子さんの87CLOCKERS、第1巻~第3巻を読了しました。
以下重大ネタバレはなし。

お尻お姫ちん



01955210fd4d112e53a88d545e6e9528c0ab5589e4


87CLOCKERSはオーバークロック(OC)を題材にした珍しいマンガ。
作者の二ノ宮知子さんはのだめカンタービレが有名ですね。
私が二ノ宮知子さんの作品を読むのはこれで5作目。
毎回思いますけど王道を往かない人だなぁ、と。
のだめは話こそ王道ですが、ヒロインがあれな子でしたしw

今回の87CLOCKERSも、えらくマイナーな部門にチャレンジしてますね。
オーバークロックは知ってる人はそこそこいても、実際にやったことがある人、さらにそれ自体が目的でやったことがある人は極々一部ではないでしょうか?
あらすじとしては、OCのことを何も知らない主人公が、美人につられてやり始め、次第にOC自体に興味を持っていく、という展開自体はありふれたものです。

感想としては、どマイナーな話題にも関わらず非常にサクサクと読めてしまうのはうまいところだなぁと感心しました。
あまり解説チックにならずに、話が進んでいくのであっという間に3巻を読み終わってしまいました。

4巻も出てるみたいなのでまた機会があれば購入してみたいと思います。